2009年07月21日

線の引き方1<LINE>

 CADで線を引くには、まず座標を覚えなくてはいけません。

1.絶対座標 常に座標の原点(0,0)を基準にして描きたい点の位置をX座標とY座標で指示します。
入力方法は X座標、Y座標です。

2.相対座標 相対座標は、直前に指示した点から見て、次の点までの「X方向とY方向の距離」で指示します。
入力方法は、@X方向の距離、Y方向の距離です。
@は、直前の点から・・・」ということを表しています。

3.極座標 極座標は、直前に指示した点から見て、次の点までの「距離」と「角度」で指示します。
入力方法は、@距離<角度 となります。





世界一やさしい超入門DVDビデオでマスターするAutoCAD LT
タグ:CAD 本 
posted by naokkiy at 19:59| 群馬 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 作成コマンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
訪問ありがとうございました。これも何かの縁なので、そちらのブログをリンクさせていただきます。(こちらのブログへのリンクをできればお願いします。)
AUTO-CADは、世界標準でシェアが高いのですが、慣れないと使いにくいソフトであると感じています。時期がきましたら、各CADへ不満ランキングをブログに記載できると面白いかなと考えています。
Posted by たかりん at 2009年07月22日 00:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123974023
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。